ブログトップ

relais et campagne TOPIC

mihoando.exblog.jp

本当に豊かな暮らしって…

フランス、ジュラ地方のオーベルジュで料理人をしている知人が、バカンスで帰国していたので、一緒に食事をすることになりました。
a0113394_1943918.jpg
ジュラの小さな小さな村に一目惚れして修行の地に選んだ彼女に、そこに住む人たちの暮らしぶりを聞きながら、そこでの食事会さながらに、おみやげの大きなコンテチーズや、ソーシッソンをつまみつつ、郷土料理のコック・オ・ヴァンジョーヌというお料理を作ってもらいました。
ジュラで皆が集まって食事をする時には、作りながら飲み始め(飲みながら作る!最高ですね!)、全員が揃う頃テーブルにつき、あまりあれこれたくさんの種類ではないメニューを自分の好きなだけ(食べれる分だけ)取って、食べるというスタイルなのだそうです。
なぜだかこの日、彼女から話を聞きながら、シンプルで、豪華というわけではないけれど、地元のものをうまく、そして大切に、いただくその食のスタイルをリアルに体験させてもらうと、これこそが本当に豊かな暮らしなのではないかしらと、ものすごく強く感じました。
きっとそこに住む人たちは、昔からそんな暮らしをしてきて、きっとこれからもそれは大きく変わることはないのではないかと思うのです。
見た目華やかな買ってきたお惣菜をテーブルに並べるよりも、いつもあるもの(地元産の昔ながらの食べ物)をほどほどにいただく。(自分もできていませんが・・・)
これも持続可能な社会へのひとつのアプローチなのではないかなぁとほろ酔い気分の中思いました。
[PR]
by mihoando | 2012-01-27 21:56 | 雑記帳
<< お楽しみ(!?)耐寒訓練 カフェ&書き初め >>