ブログトップ

relais et campagne TOPIC

mihoando.exblog.jp

2月の里がワンダーランド

今日は、主催側に参加しているNPO法人 風の楽舎の親子対象里山体験プログラム『里がワンダーランド』の実施日でした。1年を通して里山で遊び、野菜作りや収穫したての野菜で野外調理をする、などを体験するこのプログラム、4月に始まり、この時期になると子供たちの成長ぶりが感じられて、子供ってすごいなぁと感じます。
a0113394_2075330.jpg
種まきで知る、野菜は小さな小さな種から育つこと、芋ほりで体験する地面の下にできるジャガイモやさつま芋の不思議、家では食べない野菜を丸かじりして、お母さんを驚かせたり、器にするための竹を自分の力だけでのこぎりで切ったり、初めての体験をたくさんしています。
a0113394_2075317.jpg
どんなことを子供たちに伝えられる(感じてもらえる)といいのかなと考えるのですが、単に目の前のことだけでなく、その一番最初の始まりの部分や目には見えないけれど、深い部分でほかの事柄にもつながっている根っこの部分(ルーツ)を知ることの大切さをこのプログラムを通して、伝えられるといいなと、今は思っています。
a0113394_207542.jpg
流されることなく、自分の頭で考え行動し、物事のルーツを知ったうえで判断していく。そんな自立した人が一人でも増えることがより成熟した社会へ向かう策ではないかと思うからです。
などなど・・・かたいこと書いてしまいましたが、2014年度、4月から始まる『里がワンダーランド』の参加者を募集中をお知らせしたく。
詳しくは → clic
*いきなり音が出るので驚かれるかも!
a0113394_2075417.jpg
もう春はそこまで来てますよ~
[PR]
# by mihoando | 2014-02-16 20:40 | 里がワンダーランド

変化の時

2012年7月、芦屋から元町へ引っ越してきて、ほぼ1年半が経ちました。
その間ほとんど、このブログは更新することもなく過ぎてしまい、またまた反省です。
3.11以降、活動をしてきて、オリンピックが決まったころから、何かそれまでと違う世界になってきたなぁと感じています。何がどう変わったとはっきり言えるわけではないのですが・・・
熱く語り、ある意味戦ってきたような空気から、これからは様々な分野の人たちが、いろいろなスタンスで、みんながそれぞれ自分のできることを通じて、震災や福島を通じて学んだことを踏まえながら、これからの世界で生きていくのに何が大切か、一度壊してしまったら取り返しのつかない環境や子供たち、それらを守るために、すべきことをもう実践する段階になったのではないかなぁと思います。
自分にできることは微々たるもので、くじけそうに、あきらめてしまいそうになる時もありますが、小さな一歩を積み重ねていくことこそが今、必要だと感じています。

そんな中、マルメロの販売業務(天然酵母パンやオリジナル加工品、食材や食まわりの雑貨の販売)ともうひとつの柱でもあった教室の業務を、店内で飲食していただけるカフェ(食堂みたい?)へ変更することにしました。
美味しいものは、手間ひまかけて、愛情をこめて作られ(育てられた)ものです。
より多くの方に、『美味しい』を通じて、どうしておいしいの?どうやって作っているの?と考えていただけるきっかけづくりができればいいなと思っています。
農家さんをはじめとする、生産者のみなさんの努力があってこそ、私たちは美味しく安全な食事をいただけます。
感謝をもって、食材を生かせるような美味しい食事を出せるように頑張るのが、今年の目標です!
[PR]
# by mihoando | 2014-02-07 14:59 | 雑記帳

FB

前回の更新から半年以上も経ってしまいました。
ブログはなかなか更新できませんが、FBのほうがまだ動いておりますので、よろしかったらこちらをご覧くださいね~

FB → clic
[PR]
# by mihoando | 2013-04-05 07:30 | 雑記帳